開催日時 2017年
     
5月26日(金)
5月27日(土)1泊2日
会場 ヒルトン小田原リゾート&スパ
参加費 1室1名利用20,000円
1室2名利用
(1名あたり)
10,000円
 ※交通費は実費負担。
募集人数 30名
共催 ドライアイ研究会    参天製薬株式会社
開催によせて  第11回目を迎えた箱根ドライアイクラブ。横井則彦先生の渾身のプログラムに、今回より小島隆司先生・内野裕一先生・加藤弘明先生に1枠を担当いただき、「大御所たちに直談判!! 〜この患者さんどうしてあげたらよいですか?〜」「プロならここまでこだわります〜これがベテランのマル秘テクニック〜」など、若手の視点もさらに充実。ドライアイ診療のコツから臨床研究、基礎研究、若手研究者育成プログラムまで、豪華満載です。
 特別講演では、粘膜について長谷耕二教授(慶應大)にご講演いただきます。アンチエイジングの分野で常在微生物叢が注目されており、目の粘膜についてもぜひ知っておきたいテーマです。ご期待ください!また、恒例となりつつあるイグノーベル賞受賞講演は、視覚にも関わる「股のぞき効果:謎とその解明」について、東山篤規教授(立命館大)にお願いしています。
 ドライアイの定義と診断基準も改定され、ドライアイ診療は大きな変革期を迎えています。最先端の研究成果から、ベテランの診療テクニックまで、今年も楽しみなレクチャーが盛りだくさんです。2日間みんなでいっぱい勉強して楽しくディスカッションしましょう。
第11回箱根ドライアイクラブ実行委員長 坪田 一男

対象
 
第11回 箱根ドライアイクラブ実行委員
坪田 一男 慶應義塾大学医学部眼科学教室 教授
第11回箱根ドライアイクラブ実行委員長
小川 葉子 慶應義塾大学医学部眼科学教室 特任准教授
島﨑  潤 東京歯科大学市川総合病院眼科 教授
堀 裕一 東邦大学大森病院眼科 教授
村戸ドール 慶應義塾大学医学部眼科学教室 特任准教授
横井 則彦 京都府立医科大学眼科学教室 病院教授
渡辺  仁 関西ろうさい病院 眼科部長
大阪大学大学院 臨床教授