一般の方

ドライアイの治療方法

ドライアイの 治療方法

ドライアイには、専門的な治療が効果的です。主な治療法には、点眼液によるものと、涙の出口に腺をする「涙点プラグ」によるものがあります。

点眼治療

症状が軽い場合は、潤いを持たせる点眼薬で緩和させることができます。人工涙液、ヒアルロン酸製剤、ムチンや水分を分泌促進する点眼薬(ジクアホソルナトリウム)、ムチンを産生する点眼薬(レパミピド)が用いられます。 重篤なドライアイでは、自分の血液を採取してその血清を点眼する「血清点眼」の治療が行われる場合があります。

涙点プラグ

涙の排出溝である涙点に栓(涙点プラグ)をして、涙の流出を抑え、涙を目の表面にためる治療をする治療法です。 近年では、「涙点プラグ」が保険適応となり、プラグの材質(シリコンや合成樹脂)や大きさもさまざまなものが開発されています。 また、涙点を閉鎖する治療には、涙点を縫い合わせる涙点閉鎖術もあります。

その他

目の周りの湿度を上げるのに有効です。また、目を遠赤外線などであたためる「目の温熱療法」や、涙の蒸発を防ぐ保護メガネの使用も有効な場合があります。