一般の方

目と涙のおはなし

目と涙のおはなし

涙の役割とは?

涙は、泣いたり、目にゴミが入ったときだけに出るものではありません。常に目の表面を多う、いわば目の表面のカバーのような役割をしています。涙は、目の健康を守るだけでなく、快適な視力を保つためにも欠かせない存在です。

涙の主な役割

  • 目の表面の細胞を乾燥から守り、潤す

  • 目の表面の組織に栄養や酸素を供給する

  • 目の表面を洗浄する

  • 外界から侵入する菌や異物から目を守る

  • 角膜の表面の凸凹をなめらかな曲面にし、きれいな画像を脳に届ける

涙は何でできている?

角膜の表面を覆っている涙は、単なる水ではありません。水(涙液)・脂質・ムチンの3つの要素でできています。

  1. 水(涙液)…涙の主役。栄養の宝庫です。
  2. 脂質 ………涙の表面をカバーします。
  3. ムチン ……ネバネバ物質が涙を目にはりつけます。

近年、涙の成分である脂質とムチンの働きやそのメカニズム、重要性がわかってきました。ドライアイ研究会では、『TFOT(Tear film oriented therapy)=涙の層別治療』の概念から、より詳しくより的確な診断と治療を目指して、研究に取り組んでいます。

涙はどこから出てくる?

涙の層は「油層」と「水/ムチン層」に大きく分けられます。
「油層」の脂質は、上下のまぶたのマイボーム腺から分泌され、水分の蒸発を抑える働きをしています。一方、「水/ムチン層」の「水(涙液)」は上まぶたにある主涙腺(しゅるいせん)から、「ムチン(粘性成分)」は結膜から分泌されます。

ドライアイと視力

一般的なドライアイは、失明につながるような重篤な病気ではありません。そのため、軽く思われがちですが、悪化すると慢性の頭痛や肩こり、全身の倦怠感、はてはうつ症状に至るような場合もあります。
また、視力検査では1.5や1.0であっても、ドライアイにより実際に見えている視力が低下している場合があります。これを「実用視力の低下」といいます。とくに車の運転中などは危険が伴います。車の運転をされる人で、ドライアイのある人は注意が必要です。正しいドライアイのケアで、クリアな視力を保ちましょう。

◆実用視力とは…
実用視力とは、視力を1分間連続的に計測することにより、より生活の中の実際の視力に近い状態を測定するものです。ドライアイになって涙の層が不安定になると、視力も不安定になります。